WordPressで「501エラー」が出た時のXサーバーの対処法

501エラーサーバー

記事も書き終わり、画像も挿入して、さあ「投稿!」というときに「501」の文字

「え!投稿できない?!・・・」

今までの記事は大丈夫で、なんでこの記事だけ?と不安になって調べてみると
エックスサーバーのセキュリティが原因でエラーになっているとのことでした

スポンサーリンク

501エラーが出た時のXサーバーの対処法

WAFの設定

エックスサーバーにある「WAF設定」をONからOFFにするという方法です

WAFとは「Web Application Firewall」と呼ばれるセキュリティ対策をしてくれるもの

通常ONの状態を、OFFにしたら投稿されるようになりました

WAF設定

Xサーバーパネルへログインします

「WAF設定」をクリック

 

設定したいドメインを選ぶ

 

設定項目のXSS対策を「OFF」にする

 

もし直らない場合は「コマンド対策」もOFFにしてみてください

 

それでもダメなときは1つ1つ他もOFFにしてみましょう

注意記事を保存または投稿できたことを確認して、再び「ON」に戻しておきます

WAF設定では直らなかった場合

エラー直らない

他のサイトを見ると、1つだけOFFにして解決するのもあれば、全部をOFFにしても解決しないこともあるようなので、その場合はWordPress側で対処するほうがいいかと思います

私の場合、エラーはこのような状態でした

  • 更新をかけたときにエラーが出る
  • 最後まで記事を書いても下書き保存へ逆戻り
  • せっかく挿入した画像もレイアウトも無駄になった

途中「プレビュー」で見ながらエラーを探すといった感じです

下書き保存してある記事を一旦メモ帳などへ保存してから、投稿画面、タイトル、h1というように、ブロックごとにプレビューで表示されるかチェックします

もしエラーが出る箇所があればそこを修正して再度プレビューしてみます

時間を置く

サーバーで繁栄されるまでに時間がかかることがあるので、OFFにしても直らないときは時間を置いて再度更新をかけるのがいいかもです

私の場合、これで直る確率が高まりました

テーマやエディターが変わってもエラーになることがあるみたいです

前のテーマで作成したときは大丈夫だけど今回テーマを変更したら501が表示されたとか

その場合も一旦時間を置いてから更新することをおすすめします

心配なら記事を複製・コピーする

エラーが出ても記事が消えてしまうことはないと思いますが、もし心配なら記事を複製できるプラグインがあるので、もう1つ同じ記事を作ってバックアップしておくのもいいかもしれません

投稿記事を複製できるプラグインDuplicate Postの使い方
作成した記事を複製できるプラグインDuplicate Postの使い方はボタン一つでとてもシンプルで簡単です。複製された記事は「下書き」という形で保存されるのでエラーの確認やテストなどで使うこともできます。定型文などで使ってもいいですね。

まとめ

このあと数回も同じようなエラーが出ました

どうやらリンクを貼るとエラーになる確率が高いようで、、

私の記事だけかもしれないので、リンクを貼ったあとにプレビューで確認してみるといいかもしれないです

ではまた

タイトルとURLをコピーしました