お金に関すること

今も昔も在宅ワークで失敗しない副業はデータ入力だと思う

在宅ワーク

在宅ワークといえば、やりたい副業に必ず入っているデータ入力がありますね

このデータ入力、バブル時代には単価が高く人気の在宅ワークだったんです

そして時代が変わっても、やっぱりデータ入力の人気は健在でした

昔からある在宅ビジネス

一昔前は、どちらかというと怪しい職業だと思われていた在宅ビジネス

各家庭にパソコンやスマホがない時代は、情報を得るにはもっぱらテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、広告(チラシ)ぐらいでした

求人情報誌などで「在宅勤務」「在宅ビジネス」で探しても、なかなか見つからない職業ではあったものの、ポストに投函されるチラシなどからじわじわと主婦たちに浸透していき、徐々に流行り出していきました

その中でもよく「在宅で仕事をしませんか?」などと書かれたチラシが投函されていたので、内職より単価の良い「在宅ビジネス」に興味が集まり出したんです

子育て中の主婦なら、家で仕事ができて収入もあるとなれば、やろうかなという気持ちになるのは必然的ですね

仕事内容は小説からお堅い資料まで

在宅ビジネスと言っても、やることはきちんとしたお堅い仕事ばかりでした

  • 住所や電話番号の入力
  • 顧客データの入力
  • 年賀状作成
  • 名刺作成
  • 文章作成
  • 官公庁資料
  • 小説
  • 辞書

文字があるものならなんでも、いろんな仕事がありましたね

なぜ求人広告に募集が少ないのか

ノートパソコン

在宅ビジネスというものが出始めたころで、家で仕事ができるとはいってもパッと原稿を渡したらすぐ即戦力になるか、といえばそうでもなかったからです

ある程度の入力の速さも求められ、仕事の形を覚えられるまでにも時間がかかるため、新規で募集をするより、もともと会社で入力業務をしていた人が家に持ち帰って仕上げるか、会社の一室をスクールという形にしてある程度学んだあと、外注に出すほうが効率がよかったんですね

在宅ビジネスの知名度が高まると詐欺被害も出てくる

主婦に人気が出てきた在宅ビジネスを悪用する人も出てきました

数ヶ月間の研修をすれば、在宅で仕事が貰えるようになる会社のシステムを利用して、

  • 家で簡単にできる
  • 人間関係に悩まない
  • 少ない時間で高収入
  • 主婦におすすめ

とかかれたチラシや新聞広告の募集などで人を集め、3ヶ月の研修をしたのちに大手出版会社や、データ入力専門会社を紹介すると偽って騙す詐欺が多かったんです

現代のクラウドソーシング

現在は在宅ワークと名前を変え、在宅でできる仕事も様々なものが出てきました

大手のクラウドワークスで見ると、仕事のカテゴリーはなんと200種類以上もあるそうです

昔の怪しいビジネスではなく、洗練されたイメージの在宅ワークになっていたのが驚きです

システムやアプリ開発、ウェブ関連などは専門知識のある人しかできませんが、スキルがなくてもできる仕事はたくさんあります

その一つがデータ入力なんですね

データ入力の魅力

データ入力
  • パソコンがあれば誰にでもできる
  • フォーマットに慣れると時間短縮ができ効率的に仕事をこなせる
  • 家でできるため人間関係のストレスがない
  • 歩合制のためやった分だけお給料になる
  • 自分の時間が多く取れる

最近では、ブログ記事作成やレビュー、モニターなど昔にはなかった新しい案件も出てきていますね

データ入力のデメリット

  • 単価が安い
  • 単純作業で飽きてしまう
  • 仕事とプライベートの時間配分が上手く取れない

なども上げられますが、通勤の時間や人間関係、衣服代を考えるとメリットのほうが上回る気もします

コツコツやれば単価も上がってくる

自分にできそうな案件を丁寧にコツコツやっていると、信用が上がり単価の高い案件もできるようになってきます

もし、ブログ記事がうまく書けなくて悩んでいたら、レビューやモニターなどの文章作成で練習していく手もありますね

データ入力を募集しているサイト

募集案件が多数でおすすめのサイトはこの4つです

サイトを比べてみるだけでも面白い案件が見つかって楽しいですよ

クラウドワークス

ランサーズ

Bizseek

受注者(ワーカー)・発注者(クライアント)共に手数料が業界最安値
Craudeiもオススメです↓

文章作成100円~手数料無料で発注可能!【Craudia】

まとめ 

在宅ワークの昔と今を振り返ってみました

今は、取引の全てがネットで完結してしまう便利な時代になっていますね

データ入力にちょっと興味が出たら、一度トライしてみてください