債務整理

経験してみてわかった借金取り立ての禁止行為は実際あるのか○×で解説

禁止行為

身内の借金が膨れ上がり返せなくなった当時の、借金取りの行動はどんなだったかをくわしく紹介していきたいと思います

借金取りの禁止行為(このブログでは、消費者金融と闇金(ソフト闇金)を指しています)は、貸金業法の定めにあるものの中から実際に起きたものをいくつか選んでみました

ねこまち
ねこまち
思い出したくない過去だにゃ

貸金業法の21条1項にある定めをよく知りたいからはここで説明されています

以下は、貸金業を営業している者がしてはいけない取り立て行為です

不適当な時間に電話や訪問があったか

×なかった

禁止行為とは

  • 不適当な時間帯と言われる、夜9時~朝8時までの間
  • その間に電話やFAX、訪問などをしてはいけない

実際は、不適当な時間帯以外に、嫌ってほど電話や訪問が来ました

これは、借金している程度にもよりますが、

朝9時になると電話が鳴り出し、夕方にもう1度かかってきます

消費者金融が主にですが、闇金(ソフト闇金)などは電話より先に訪問してきます

結果

不適当な時間帯には電話も訪問も来ないけれど

正当な時間帯にはしつこいほど電話も訪問も来る

ということになります

勤務先などへ電話や訪問などがあったか

△電話はあった

禁止行為とは

  • 本来は連絡が取れなくても、勤務先などへ直接連絡をする取り立て行為は禁止されている
  • 業務妨害になることもあるため、直接来る事は悪質な行為に当たるから

実際は、○○金融などと名乗らず、苗字だけを名乗ってかけてくることは多々ありました

結果

普通の知り合いを装ってかけてくることがある

他から借りて返済しろなどと要求されたか

○あった

禁止行為とは

  • 他の貸金業者から借りたり、家族や友人からも借りて、そのお金を返済に回させるといった行為のこと
  • 貸金業者は、こういうやりかたを債務者に要求してはいけない

実際は、他の貸金業者を紹介されたり、聞いたこともない怪しい闇金のダイレクトメールが毎日のようにポストに投函されていました

結果

貸金業者は、裏で繋がっていることが多い

家族や知人に返済の要求はあったか

○あった

禁止行為とは

  • 貸金業者が債務者以外に家族や親せき、友人などへ借金の返済を要求してはいけない(連帯保証人の場合を含まない)

実際は、債務者本人に要求できないときは、家族のほうへ電話をし立て替えさせる行為が何回かありました

家族や親戚に、お金に余裕がある人がいた場合、債務者本人ではなく直接家族に電話がかかってきたりもします

親が年金者の場合にも、年金が必ず入るとわかれば、年金者のお金もあてにしてきますので注意が必要です

結果

闇金などは、身内にお金があるとわかった時点で、債務者よりも身内へ催促がいく

黒板
債務整理(任意整理)は本人が進んでやらないとダメな理由消費者金融などで借りた借金が膨らみ、家庭内にも影響が出てくると、最悪は家庭崩壊にまでなっていきます。そうしないためにも、任意整理で少しでも借金をなくしていきましょう。全国に対応の弁護士・司法書士の事務所がある一覧も載せているのでそちらで無料相談してみてください。...

自宅や勤務地で居座ることはあったか

×なかった

禁止行為とは

  • 貸金業者はその場に居座る行為をしてはいけない

もし、支払うまではここから立ち去らないといった態度を見せたときは、警察に通報するのが一番です

結果

しつこい訪問は来るが、警察沙汰にまではならないように貸付業者側も注意している

大声を出したり暴力などの乱暴があったか

大手消費者金融は×

闇金業者は△

禁止行為とは

  • 大手の貸金業者は直接来ることがないので、ここでは×にしています

実際は、闇金業者の場合は、玄関の外から大きな声で怒鳴ることはありました

また、債務者に中々会えないと、土日や祝日でも当たり前のように訪問して来ます

身なりも普通とはちょっと違うスーツ(全身真っ白とか)を着ているので目立ちます

結果

  • 電話より直接来てしまうのが闇金業者の特徴
  • 声が大きい
  • 周りの目をあまり気にしない
  • 家の中までは入って来ないが、玄関を開けっぱなしで話をするので、近所迷惑になる
マッチ
多重債務者が陥る債務整理後に闇金で借り入れてしまう理由とは借金で任意整理をすると借入先が狭まってきます。そうなると金利の高い貸付業者で借りてしまいますが、何度も任意整理をしていくと最終的にはどこも借入先がなくなり闇金に手を出すはめになってしまいます。こうなると通常の消費者金融でも返せなかった借金が闇金で支払っていけるわけがありません。最終的には自己破産の選択もありますが、免責が7年もあることと何回も自己破産はできないので注意が必要です。...

弁護士や司法書士が間に入っていても取り立てはあったか

×なかった

禁止行為とは

  • 債務整理で、弁護士や司法書士が間に入った場合、貸金業者は接触を図ることが禁止されます
  • その間、返済が滞っていたとしても、催促することは認められない

結果

弁護士や司法書士などが入ると、貸金業者からの連絡は一切来なくなります

貸付業者はどこかで繋がっている

ここで一番怖いのは、「債務者以外の者に対して、債務者の借金の返済を要求する行為はあったか」ということです

貸付業者は、借りてくれるお客も必要ですが、きちんと返してくれるお客も必要ですよね

借りてくれるお客が債務者だとすれば

返してくれるお客は家族や親戚、知人にも催促が行く場合があります

債務者本人と違って、家族には電話で催促をしますが、催促もある日突然来るので、録音もできず証拠になりにくいデメリットがあります

電話では不安を煽るようなことを言ってくるので、それが怖くて立て替えてしまったという人も多かったりします

そして本人以外の人が立て替えてしまったら、その情報もどこかへ流されてしまいます

立て替えた=お金がある と思われてしまうんですね

債務者本人は、借金が0になった事実だけが残るので、また借金を繰り返すかもしれませんし、そうなるともう堂々巡りです

なので、身内が立て替えることはやめておいたほうがいいでしょう

闇金などで借りてしまうともう身動きが取れなくなります

そうなる前に、弁護士や司法書士に任せてしまうのがなにより最善の策です

借金をなくしたい
債務整理を得意とする弁護士・司法書士を探すときに注意すること債務整理や自己破産、過払い金請求をするときにお世話になる弁護士又は司法書士事務所。全国にはたくさんの法律事務所がありますが、正直どこがいいのか迷いますよね。今回は自身が体験したことを元に探すときのメリット・デメリットも含め、安心できる法律事務所を紹介していきます。...

ではでは

ねこまち
ねこまち
がんばってにゃ
こちらの記事もおすすめ