借金依存症

借金まみれから抜けるためには借りたお金をマイナスだと思えるかがカギ

たんぽぽ

借金をするには理由がある、とはわかっていても、自覚のない借金は、周りを不幸のどん底へ落とす凶器にもなりますよね

借金を続けるのも辞めるのも結局は本人次第

借金は自分のお金ではないと自覚できるかがカギになります

借金を繰り返す理由1

理由1

お金が目の前にあると自分のものだと錯覚する

消費者金融などへ借り入れを申し込むときも、今は直接店舗に行かなくても簡単にATMで借り入れができてしまう時代です

銀行からお金を下ろす感覚と同じようにお金が手に入るため、借金をしているという自覚が薄れ、手元にあるお金が自分のものだと錯覚してしまうんですね

借金はマイナスだと認識していないこと

「借金をしている」ということは=「マイナスのお金」があるということです

例えば、10万円を借りたなら

元々は0円だった財布に、10万円分の現金が入ったことになります

この10万円は、ここでいう「マイナスのお金」ということになりますから、きちんと毎月返していかなければいけません

しばらく返済していき、残高が7万円にまで減ってきたと仮定します

そしてここからがどう思うかです

あと7万円も残っていると思ったら→借金をしない

あと3万円も借りられると思ったら→借金をする

となってしまうのです

借金を繰り返す人は、返す(返済)という行為より、いかに借りれるかに注意がいくので、その結果、借り入れ枠内(限度額いっぱい)まで借金をしてしまうことになるんですね

借金を繰り返す理由2

理由2

周りがお金を立て替えてしまう

身内の借金の場合は大体このパターンが多かったりします

実際、ねこまちの場合も最初はそうでした

妻(夫)や親兄弟が立て替えてしまい、借金をなくす手助けをしてしまうんですね

でもこれは経験上、是非ともやらないで欲しいと思います

借金が辞められない人の場合、身内が払って良くなることは絶対にないからです

心の中では返済に納得できていない

そうはいっても、身内の借金ならなんとかしたいと思ってしまいますよね?

でも心ではこう思っていませんか?

勝手に作った借金を、なんで私達が立て替える必要があるんだ?と

コツコツ貯めていた貯金ならなおさら、借金返済でなくなってしまうのは納得できないはずです

しかも払った側には何の得にもならずに、お金が無くなった事実だけしか残らないからです

それでもなぜ身内は返済してしまうのか

それには、初めての借金だからという背景があります

例えば、結婚当初や子どもが生まれた直後なら、将来のことを考え、この先の不安材料はいくらかでも無くしたいと思うはずです

そのかわり、高いお金を肩代わりしたんだから、さすがに次はやらないだろうという期待感も持ってしまうんですね

借金癖の当事者は深く考えていない

人間足

周りが借金返済をしてくれたとしても、当事者はあまり事の重大さは感じていないようです

立て替えてくれてラッキーぐらいの気持ちでしょう

将来よりも今(お金が欲しい状況)が大事だと思ってるからです

お金を借りるためなら演技もできる

お金を借りるためなら、手段を選ばないのも特徴としてあります

口が上手いのもありますが、物腰が柔らかいイメージがあるので、騙されてお金を貸してしまったという人を今まで何人も見てきました

一番ひどかった例では、余命数週間の人へお金を借りに行ったことです

まさに、人の生死よりも自分のお金を優先した出来事と言えるでしょう

借金をなくしたい
夫の借金1000万円を0にした私が選ぶ法律事務所を探すときのポイント債務整理や自己破産、過払い金請求をするときにお世話になる弁護士又は司法書士事務所。全国にはたくさんの法律事務所がありますが、正直どこがいいのか迷いますよね。今回は自身が体験したことを元に探すときのメリット・デメリットも含め、安心できる法律事務所を紹介していきます。...

まとめ

借金が辞められない人は、見た目には優しくいい人のイメージが多いですが、お金に対する執着は人一倍強い傾向にあります

結果、周りもそれに振り回され、精神的に崩れていくのは本人、ではなく周りのほうだったりします

こちらの記事もおすすめ