債務整理

債務整理(任意整理)は本人が進んでやらないとダメな理由

人が歩くたびたび借金関係の記事を書いていますが、さまざまな借金に振り回されてきたねこまちにとって、お金は怖いものであると同時に、絶対に必要なものであることも身を持って知りました

債務整理(任意整理)をしたとしても、自覚のない人ではまた繰り返し借金をしてしまいます

最終的には自己破産まで墜ちていく体験をしてから、借金は自分がしなくても、家族や身近な人がするだけで、人生を狂わされる出来事にもなりかねないのです

膨れ上がった借金は自分ではどうにもできない

コイン増える

借金で苦しんでいるなら、身内になんとかしてもらおうと考えるより、専門家(弁護士や司法書士)に任せてしまうのがベストな選択です

自己管理に行き詰ると、何もしなくても金利はどんどん増えていき、これが預金だったらどんなに嬉しいかと思うほど、お金が(借金)が増えていってしまいます

多額の借金になると、自分で管理するのは難しくなり、どうしていいかわからなくなってきてからでは遅いので、早めの行動をおすすめします

専門家に相談するお金がないからムリだと思っていても大丈夫

お金がない人の相談窓口もありますし、Webからの無料相談もあります

専門家に話を聞くだけでも、借金の怖さを改めて知ることもできるし、これからの抑制にもなるので、相談してみる価値は大いにあると思います

借金を家族が肩代わりしてはダメ

また、家族の中に借金をしている人がいたら、家族がムリに肩代わりする必要はありません

ここが身内の辛いところですが、

例えば借金を夫婦のどちらかがしているときに、

「なんとか返さなくちゃ」

「困ってるからなんとかしてあげたい」

と、愛情面で助けてしまったり

「借金を返さないと生活が苦しくなる」

「親や親戚に知れたらマズイ」

などと、世間体を含めた、生活の立て直しのために助けてしまうことがあるんですね

助け合うことももちろん必要ですが、と前置きした上で

「そもそもなんで借金したのか?」をハッキリさせておくことが、ここでは最も重要になってきます

なぜなら、自分で返せていけない借金は、自分の手から離れて周りにも影響が出てくるからです

影響は、生活していくことに直接かかわるので、ここはなんとしてでも避けなくてはなりません

下を向く人
【借金地獄】借金を繰り返す人はなぜ借金しているという自覚がないのか何をやっても辞められない借金癖。長年身内の中で経験してきた、辞められない人と暮らして行くことの難しさを書いています。...

借金をしている本人に自覚があるか確かめる方法

ビックリマーク
  • 何の用途で借りたのか
  • 何の用途で使ったのか
  • 返済計画は立てていたのか
  • 給与または小遣いの範囲内で返済できていたか
  • 家族に知られたときの気持ちはどうだったか
  • 借金まみれの生活がどのようになるか予想できたか

当たり前のことですが、意外とこれができていないんですね

今まで、借金で苦しむ人にかなりの数会ってきましたが、みんな同じようなことを言います

  • 「ちょっとだけ借りるつもりだった」
  • 「返していけると思って借りた」
  • 「気がつくといつの間にか借金が増えていた」
  • 「生活費で返していけると思っていた」

借金の返済期間が長くなると、完済までの想像ができないため、このように「大丈夫だろう」と安易に考えてしまうことが多いのです

債務整理には4つの方法がある

黒板

「自己破産」「個人再生」「特定調停」「任意整理」

むずかしい名前ですが簡単に説明すると

  • 自己破産:裁判をして債務はなくなるけど財産も取られてしまうこと
  • 個人再生:債務額5000万円未満の人が裁判をして債務額を最大で1/5圧縮してもらうこと
  • 特定調停:弁護士を立てずに自分で裁判をし、債権者と裁判所が介入して返済計画を決めていくこと
  • 任意整理:裁判をして債務を減額してもらい残額分を分割で返していくこと。この任意整理には過払い請求も入っていて、多めに返済していた場合には、余剰金が返還される場合もあること

と、債務整理には4つの方法があります

消費者金融での借金なら、任意整理が主になってきますね

カード
過払い金請求はメリットだけじゃない/デメリットも知っておく2010年6月18日の法改正により撤廃になったグレーゾーン金利。その前に借り入れした人は、向こう10年間は過払い金請求ができます。2020年までですので、この機会に見直してみてはいかがでしょうか。...

任意整理(過払い請求)が得意な弁護士又は司法書士を探す

黒板指導弁護士には、専門分野に強い人、例えば

  • 事件や事故を扱うもの
  • 家庭内のトラブル、離婚調停など
  • 財産分与、住宅関係
  • 税金関係

など、それぞれに得意なものがあったりします

そのため、得意な弁護士さんにお任せしたほうが段取りもスムーズに進んでいきます

弁護士・司法書士が間に入ると、催促の電話や訪問がなくなりますので、精神的にも楽になりますよ

選ぶ際には、債務整理や任意整理を掲げている弁護士又は司法書士に相談してみるのがいいです

ここからでも、全国の弁護士・司法書士事務所をまとめてあるので、行きやすい場所も考え検討してみてくださいね

借金をなくしたい
債務整理を得意とする弁護士・司法書士を探すときに注意すること債務整理をするときにお世話になる弁護士又は司法書士事務所。全国にはたくさんの法律事務所がありますが、正直どこがいいのか迷いますよね。探すときのメリット・デメリットも含め説明しています。...

まとめ

借金が返せないと悩んでる間でも金利はどんどん増えていきます

利息は1日ごとに増えていくので、明日、明後日でいいやと思っていると、ただ生活が苦しくなっていくだけです

弁護士・司法書士を探す時間を考えると、今からでも行動を起こしたほうが何より自分のため、家族のためになりますよ

こちらの記事もおすすめ