債務整理

多重債務者が陥る債務整理後に闇金で借り入れてしまう理由とは

マッチ消費者金融やクレジットカードの借金が膨らみ返済が苦しくなってくると、債務整理の中の1つ「任意整理(過払い金)」をして少しでも楽になりたいと思う方、多いですよね

任意整理の過払い金請求であれば、借金が0になったり、お金が戻ってきたりもするので楽にはなりますが、借金が全てなくなると、また新たに借金をしたくなるって人もいるんじゃないでしょうか

黒板
債務整理(任意整理)は本人が進んでやらないとダメな理由消費者金融などで借りた借金が膨らみ、家庭内にも影響が出てくると、最悪は家庭崩壊にまでなっていきます。そうしないためにも、任意整理で少しでも借金をなくしていきましょう。全国に対応の弁護士・司法書士の事務所がある一覧も載せているのでそちらで無料相談してみてください。...

多重債務者の任意整理後は借入先が少なくなる

任意整理する前までは、返済さえしていれば同じ貸付業者から借り入れは何回でも出来ました

ところが任意整理後は、借金が0になっても任意整理した貸付業者から借りることはできなくなるんです

多重債務者の借り入れ先は5、6社が比較的多いので、ここが借りれなくなると違う貸付業者を探さなくてはいけなくなります

任意整理や自己破産でもOKな消費者金融で借り入れてしまう

正直なところ、債務整理(自己破産、個人再生、任意整理など)をした人でも貸付可能なところはあります

ですが、消費者金融には変わりないので、多重債務になれば1回目と同じで返済ができなくなる可能性が大きくなっていきますよね

そこを理解して借りないと、また1度目と同じようになってしまいます

2度目の任意整理は可能なのか?

1度目と違う消費者金融なら2回目の任意整理は可能です

でも、任意整理後の借入先がますます狭まることも覚えておいてください

そして、3回目、4回目の任意整理は少しむずかしいと思っておいたほうがいいです

なぜなら、弁護士又は司法書士が任意整理を受けてくれない可能性が高くなるからです

何回も任意整理を繰り返す人には、さすがに快く受けてくれる先生は少なくなります

借入先が見つからない場合に闇金へ行ってしまう

  • 1度目は大手消費者金融で借り
  • 2度目はそれ以外の消費者金融で借り
  • 3度目はとうとう闇金と呼ばれている貸付業者で借りてしまいます

どんどん金利の高い貸付業者へと進んでいくわけですね

闇金に行く理由には、まず借入先が狭まることにあります

闇金に行った時点で、消費者金融で返せなかったものが闇金で返済できる保証もありません

自己破産の選択も考える

闇金で借りてしまったら最後、自力で返すのはムリになってきます

最悪、会社や家庭も壊れてしまうかもしれません

その場合、任意整理が無理なら、債務整理の中の自己破産が妥当でしょう

借金をなくしたい
債務整理を得意とする弁護士・司法書士を探すときに注意すること債務整理や自己破産、過払い金請求をするときにお世話になる弁護士又は司法書士事務所。全国にはたくさんの法律事務所がありますが、正直どこがいいのか迷いますよね。今回は自身が体験したことを元に探すときのメリット・デメリットも含め、安心できる法律事務所を紹介していきます。...

自己破産の信用情報機関登録

自己破産をすると信用情報機関に登録されます

いわゆるブラックリスト入りになるわけです

クレジット・消費者金融系は5年

銀行系は10年です

自己破産手続きをしても、家族や知り合い、会社に知れることはないですが、カードもローンも作れないので、家族から「マイホームが欲しい」「車が欲しい」とせがまれても、キャッシュでしか買うことができなくなります

内緒で自己破産をしてもそのときにローンが組めないとバレてしまいますね

自己破産したら借入先はどこもなくなる?

「自己破産してもまだ借金するの?!」と突っ込みたくなりますが、自己破産中の免責までの期間は7年もあるんです

仮に借金して、返せなくなったから自己破産したいと思っても、7年間は認めてもらえないことになるわけです

一部では、今後の見込みなどによっては(反省の度合いなど)認められるケースもあるようですが、ギャンブルなどで借金を毎回しているとなると、裁判官から免責を認めてもらうのはかなり難しいと思います

おわりに

闇金は、法外な金利を取って営業している違法な貸付業者です

そうだとわかっていても闇金に行ってしまう背景には、借金を繰り返しすぎて、通常の貸付業者では借りられなくなっているのも1つの要因じゃないでしょうか

この堂々巡りのような借金地獄から抜け出すには、きちんとした専門家に相談するのがまず先決です

こちらの記事もおすすめ