債務整理

【意外な落とし穴】信用情報機関の開示請求は電話番号が肝になる

情報開示

令和になって数年ぶりに信用情報機関で開示請求をしてきたねこまちです

システムはさほど変わっていない気がしましたが、今回あることですんなり開示請求できなかったので、気をつけたい箇所の紹介をしたいと思います

信用情報機関ってなに?

信用情報機関とは、ローンを組んでいる人のクレジットヒストリー(利用履歴)や事故情報(ブラックリスト)が記録されている場所です

信用情報機関は3つあって、それぞれが情報を共有しているんですね

JICC(情報が保管される期間5年)

  • 消費者金融
  • クレジット
  • リース
  • 保証
  • 信販
  • 銀行

CIC(情報が保管される期間5年)

  • 消費者金融
  • クレジット
  • リース
  • 保証
  • 信販
  • 携帯電話
  • 保険

KSC(情報が保管される期間10年)

  • 銀行
  • 信託銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 農業協同組合

KSCは、JICCやCICとは少し違った銀行系の信用情報機関です

審査も厳しく、保管情報も10年と他の2つに比べ倍になってますね

KSCとJICCは銀行、CICは携帯電話会社が加盟しているので、携帯電話と銀行系の借金をしていたら、クレジットカードの審査は他より厳しくなる可能性が出てきます

また、KSCは10年間銀行のローンが組めなくなるので、住宅や車を購入する計画を立てている場合は延滞などに十分注意する必要がありますよ

個人情報は良い・悪いどちらも記録される

信用情報登録は、延滞や破産などのブラックなものだけではなく、毎月の利用状況なども管理されています

支払いがきちんと出来ていれば良い情報も載るので、審査の際には高評価につながるというわけですね

現在クレジットカードをお持ちであれば、毎月遅滞なく支払いをして、クレジットヒストリーを良好にしておくといいかもしれません

カードの使用状況が良好なら、審査の厳しい銀行系のクレジットカードも通る可能性が高くなりますから、将来クレジットカードのステップアップを考るなら、ここは是非やっておきたいところです

クレジットカードが作れない人は

クレジットカードを申し込むと、信用情報機関に半年間(6ヶ月)の申し込み記録が残ります

クレジットカードの審査に通れば、追加で別のクレジットカードの申請は出さないと思いますが、申請却下になった場合は、審査が通るまでカードを申し込みたくなりますよね

でもちょっと待ってくださいね

何枚も申し込んでしまうと、カード会社への印象が良くならないのと、最悪全滅した場合半年間は申し込み情報だけが残るだけでどんどん作りにくくなっていくんです

ですから、申し込み枚数は極力少なめにしてください

月に1度申し込みをして通ったら別のカードも検討してみるのはありですが、審査に落ちた場合は別のカードの申請をしないで開示請求をしたほうが賢明です

開示請求で何らかの情報が載っていたら、何度も申請を出しても通らない理由がわかってきます

天秤
クレジットカードが作れない理由に携帯電話の延滞が絡んでいる?信用情報機関に開示請求をする際、クレジットカードより携帯電話の登録が意外に多かったりするのは、気軽に携帯電話という商品を手に入れられるからです。気軽に手に入る分、延滞も多くなると5年間はクレジットカードも携帯電話も審査に通らなくなり新規に作ることが難しくなってきます。...

開示請求に必要なもの

1つでいいもの(顔写真ありの場合)

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • マイナンバーカード[個人番号カード]
  • パスポート
  • 写真付住民基本台帳カード
  • 写真付各種障がい者手帳
  • 在留カードまたは特別永住者証明書

2つ必要なもの(顔写真なしの場合)

  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 住民票(作成日より3ヶ月以内の原本)
  • 戸籍謄本または戸籍抄本(作成日より3ヶ月以内の原本)
  • 印鑑登録証明書(作成日より3ヶ月以内の原本)

開示請求手前で詰んだ電話番号

今回、ねこまちがつまづいたのはこの携帯番号のところでした

以前に開示請求した時は、まだ携帯電話がそんなに普及していない時代だったので、契約の主は固定電話でしたが、今回のCICでの開示請求は、固定電話ではなく携帯電話だったことにあります

契約時の携帯番号で照合するシステム

開示請求には、契約時に書いた電話番号を記入しなければいけません

ここ最近の契約なら、なにかの書類を探せば携帯番号もわかりますが、何年も前だと覚えていないことのほうが多いですよね

当時の携帯電話は、2年縛りが終わると新機種に変えたりしてたので、その都度電話番号が変わっていたためほとんど覚えていませんでした

住所で電話番号がわかる?

詰んでしまったかと諦めていた矢先、JICCのほうで住所がわかれば開示請求ができることを知り、まず先にJICCで請求をしてみることにしました

万が一、当時の住所がわからなくても住民票を辿れば出てくると思うので、電話番号とは違いさほど難しくはないと思います

JICCからの情報を見ると、住所の下に契約時の携帯番号が書かれていました

これで当時の携帯番号がわかったので、CICの開示請求ができるようになったわけです

免許証より強い電話番号って?

CICの開示には、自分の情報を出すための認証のようなものとして電話番号が必要になってきます

借りた当時の登録情報

  • 住所
  • 名前
  • 電話番号

の3つを入力、又は書類に記入しなければならず、このどれかが分からないと自分の情報を出すことができないんですね

今回は直接CICへ出向き、機械に情報を入力し確認ができました

次に、請求金額を払い受付で開示請求をするんですが、ここで本人確認の書類(免許証やパスポート等)を提示してくださいと言われます

このシステムの面白いところは、本人の書類(免許証やパスポートなど)を提示しても、

最初に電話番号や住所がわからないと本人だと認めてもらえないというところにあります

ウェブ請求の支払いにクレジットカード?

ウェブからの開示請求をする際の支払方法は、

  1. クレジットカード
  2. 定額小為替証書

の2つですが、ウェブで申し込む割には②の定額小為替証書はちょっと手間がかかるなーという印象ですね

そして、①のクレジットカード払い

クレジットカードが作れなくて開示請求するのに、支払がクレジットカードでというのは少し残念な気持ちでした

カードを持ってない人にはウェブ請求は少しめんどくさいですが、1度請求してしまえばいいことなので、郵便局で定額小為替証書を買ってその場で送ってしまいましょう

まとめ

数年ぶりに、CICの窓口で開示請求してきました

入り口付近にある細長い機械に個人情報を入力し、機械に500円を入れ、窓口で本人確認書類(免許証など)を見せて数分すると、A4の用紙が渡されます

あとは履歴を確認するだけです

住所も電話番号も忘れていなければ、すんなり開示されるので難しいことはなかったですよ

ただ、携帯番号だけはどこかに控えておかないとだめですね

ではでは

こちらの記事もおすすめ