動画編集

動画編集Filmoraで逆再生や早送り・スロー・一時停止の作り方

逆再生・早送り・スロー・一時停止動画編集ソフトFilmoraを使って、速度の調整をする方法を解説しています

これを駆使してメリハリのある動画に仕上げることができますよ

今回やるのはこの4つ

  • 逆再生
  • 早送り
  • スロー
  • 一時停止

逆再生

今回は、Filmora内にあるサンプル動画を使って説明していきます

まず、サンプル動画をドラック&ドロップでタイムラインに持って行きます

  1. メディアをクリック
  2. スピードタブ
  3. 「逆再生」を選択

矢印の部分をクリックすると、それぞれの速さの調節ができます

早送り再生

先ほどと同じように、今度は「早送り」なので、「速く」>「2x」を選択(お好みの速さで)

こちらも矢印をクリックすると速さの調節ができます

スロー再生

「スロー再生」は「遅く」>「0.5x」を選択(お好みの速さで)

一時停止

「一時停止」は「フリーズフレーム」を使います

「グレーの部分」と「緑の部分」に分かれます

  • グレーの部分:一時停止
  • 緑の部分:動きがある

「グレーの部分」をクリックすると「再生時間設定」項目が出るので

好きな時間を入れて「OK」をクリック

今回は「2:00」に設定しました

先ほどと違って短くなっていますね

「緑の部分」をクリックすれば速さの調整もできます

途中から一時停止を入れる方法

「一時停止」を途中からしたい場合もありますよね

そのときは、停止したい場所にカーソルを置いて「フリーズフレーム」を選ぶと

囲まれた部分だけが「一時停止」になります

「グレーの部分」をクリックすれば「再生時間設定」項目が出るので

好きな時間に設定して「OK」をクリックします

一連の設定を動画で解説

操作方法を動画にまとめていますので、そちらもご覧ください↓

まとめ

動画編集以上が、Filmoraを使った逆再生・早送り・スロー・一時停止のやり方でした

この4つを使い分けることで動画のメリハリやインパクト効果も上がるので、覚えておきたい機能ですね

ではでは

こちらの記事もおすすめ