債務整理

過払い金請求はメリットだけじゃない/デメリットも知っておく

カード借金返済で、上限金利を超えて支払いを続けていると、払い金というものが発生するのを知っていましたか?

借りている時期によっては、利息制限法を超えて多めに払っている可能性があるので、過払い請求をすると支払金額が減るか0になる、又はお金が返還される場合があるんです

借金をなくしたい
債務整理を得意とする弁護士・司法書士を探すときに注意すること債務整理をするときにお世話になる弁護士又は司法書士事務所。全国にはたくさんの法律事務所がありますが、正直どこがいいのか迷いますよね。探すときのメリット・デメリットも含め説明しています。...

過払い金を請求できる対象の人は?

  • 2010年6月17日以前に借り入れをした
  • 現在返済途中である
  • すでに支払が終わっている

法改正前に借り入れていた人は対象になりますよ

グレーゾーン金利に当てはまる人たち

表にもあるように

通常は、借入金に対しての上限利率が設定されているはずですが

当時は、出資法の上限金利を超えなければ刑法に引っかからないため、ギリギリのライン29.2%で貸し出す金融業者が多かったのです

50万円借入ならば、通常は18%の金利ですが、+11.2%の金利が上乗せされて請求されていたわけですね

29.2%でも膨大な金利になりますが、下にもあるようにバブル前後にはこんな信じられない金利での貸付が横行していたんですよ

グレーゾーンウィキペディアから引用

54.75%(~1992年4月)

40.004%(1992年5月~1994年7月)

39.931%(1994年8月~2000年5月)

29.2%(2000年6月~2010年5月)

20.0%(2010年6月~)

請求するなら法改正後10年間の期限内に

2010年6月18日の法改正施行で、グレーゾーンと呼ばれる金利が撤廃されました

それ以前に借り入れしていた人は、違法な金利を支払っていたわけですから、請求すれば返還される可能性は高くなります

ですが、期限が10年間と決まっているので注意が必要です

自分の借入・完済日を確認する

  • 最後に借り入れた日付から10年間
  • 最後に完済した日付から10年間
  • 過去に完済しても10年以内なら可能

契約内容や明細書などで確認して、10年以内であれば過払い請求ができますよ

過払い請求するとこうなる

お金が戻ってくる

今までの借金が減る

長い間払っていて完済している人には、まとまったお金が戻ってきます

違法な金利を払っていたので当然ですね

返済中の人は、戻った金利で借金を返すことができるので0になる可能性があります

0にならなかったとしても、元本が減額されるので返済は楽になると思います

過払い金のデメリット

借入先が狭まる

過払い請求した金融業者からは借入ができなくなります

他の金融業者なら問題ないですが、多数の業者から借金をし過払い請求していたら、借りるところがなくなる可能性が出てくるんですね

そうなると怖いのがヤミ金融に借り入れてしまう場合です

ブラックリストに載るかどうか

  • 完済していれば載らない
  • 過払い請求で、借金がいくらか残った場合は、ブラックリストに載ってしまう
  • 信用情報機関に登録され、その間はクレジットカードやローンが通らなくなる可能性が出てくる

ブラックリストの登録期間は5年です

銀行系は、場合によっては最大10年にもなるので一度載ると厳しいですね

その間にはローンやクレジットカードが作れないなど、不便なこともあるので、まずは専門家に相談するのがベストです

黒板
債務整理(任意整理)は本人が進んでやらないとダメな理由消費者金融などで借りた借金が膨らみ、家庭内にも影響が出てくると、最悪は家庭崩壊にまでなっていきます。そうしないためにも、任意整理で少しでも借金をなくしていきましょう。...

2020年過払い請求の期限が迫ってきている

2010年6月18日の法改正で、グレーゾーンが撤廃されてからもうすぐ10年が経ちます

既に完済した人には、自分には当てはまらないだろうと思ってる人も多いと思いますが、10年以内なら金利が戻ってきます

自分へのボーナスだと思って、期限が切れない前に相談してみる価値はありますよ

借金をなくしたい
債務整理を得意とする弁護士・司法書士を探すときに注意すること債務整理をするときにお世話になる弁護士又は司法書士事務所。全国にはたくさんの法律事務所がありますが、正直どこがいいのか迷いますよね。探すときのメリット・デメリットも含め説明しています。...