生活保護

ひとり親家庭は要注意!生活保護で貰えるお金を過信してはいけない理由

生活保護

一時期の間、病気で生活保護のお世話になっていたこともあり、良いも悪いも生活保護の内側を知ることができました

税金を払う立場から、税金を使わせて頂く側へ変わってわかったこと、体験したことを書いています

ろうそく
生活保護の受給経験者が暴露する良かったこと・悪かったこと生活保護受給経験者が教える、良い点と悪い点を書いています。自分が経験した一例ですが、これから生活保護の受給を考えている方、もしくは、生活保護から抜け出したいと思っている方に読んで欲しい内容になっています。各地域の保護課によっても内容や対応はそれぞれ違うので自分の目で確かめるのが一番です。...

生活保護の種類は基本8つ

  • 生活扶助:日常生活に必要なもの 食費、光熱費など
  • 住宅扶助:家賃、引越し、更新料
  • 教育扶助:学用品、給食費、修学旅行
  • 医療扶助:病院代が無料
  • 介護扶助:世帯に、要介護認定の人がいる場合
  • 出産扶助:出産に関するもの
  • 生業扶助:技能や資格を習得するため
  • 葬祭扶助:火葬や納骨費用など

保護以外の「収入認定額の内訳」がある

生活保護では、8つの基本になる保護の他に「収入認定額」というものがあります

収入認定額=【(就労収入-就労控除)】+年金・手当+他収入+過払金-その他控除

という感じになっていて、収入に応じて毎月の

「最低生活費」から「収入認定額」を引いた額が「保護費」となって支給されるんですね

ひとり親家庭で認定される「収入認定額」とは

児童手当や児童扶養手当などが一般的に収入認定額と言われているものです

精神的や身体に障害があるお子さんがいる場合には、特別児童扶養手当も支給されますので、まだ申請をしてない場合は役所や病院へ相談してくださいね(申請には医師の診断書が必要です)

児童手当・児童扶養手当・特別児童扶養手当の貰える金額は、所得によって一部支給と全額支給があり、生活保護世帯は全額支給に当てはまります

詳しい金額などは、各都道府県の保護課で確認できますので見てください

その児童手当や児童扶養手当は、収入認定額のどの部分に当てはまるのかというと、「年金・手当」という場所になります

収入認定額=【(就労収入-就労控除)】+年金・手当+他収入+過払金-その他控除

「収入認定額」が毎月同じ金額ではないことに注意

2019年の11月から、児童扶養手当の支給が3回から6回に変更されました

4ヶ月ごとに支給されていたものが、2ヶ月に1回の支給になったわけですね

ここで、収入認定額の項目も少し変わってくるので注意が必要です

下の画像の、毎月固定の金額だった児童扶養手当(ここでは児童手当は含めていません)が、翌月から大幅に変わっているのがわかりますか?

【児童扶養手当・毎月固定の金額】

【1万5千円近く上がった金額】

【毎月の固定金額との差はなんと21,865円】

この差額分21,865円が、毎月の支給金額より多く取られて(引かれて)しまうんです

これは、児童手当改定や、児童扶養手当改定などで起こる現象なんですね

毎月1日に生活保護内容が決定される

生活保護世帯に「保護決定通知書」という、毎月ではなくて「変更」がされたときにだけ送られてくる通知書があります

「保護決定通知書(変更)」に書かれているもの

  • 保護の変更時期
  • 保護を決定した理由

保護決定の理由はさまざま

  • 期末一時扶助
  • 過払い金
  • 教育一時扶助
  • 冬季加算
  • 生業扶助
  • 母子加算
  • 児童手当
  • 児童扶養手当

まだ他にもありますが、認定や削除、改定などの変更があった場合に「保護決定通知書(変更)」という内容の通知書が送られてきます

お子さんがいる場合には、誕生、入学、卒業などと、年単位で目まぐるしく変わっていくので、児童手当・児童扶養手当などもその都度、認定や削除などがあるんです

毎月の「収入認定額」も、児童手当・児童扶養手当に合わせる形で金額が変わっていくため、上記のような数万単位での調整が行われてしまうんですね

生活保護費の改定は4月1日と12月1日

4月1日の改定

  • 基準改定
  • 年齢改定
  • 冬季加算削除

の3つが変更されます

基準にする生活保護費はこの4月1日が正確だと言えるので、月によって金額が上下しても、使いすぎであとあと苦しくならないように気をつけてください

12月1日の改定

・期末一時扶助認定

というものがあります

これは、その他の項目にプラスされる金額で、正直どのような計算になっているのかはわかりませんが、年末にだけ入る金額です

そして12月には、1日と月末の2回に保護費が振り込まれるので、先程言ったプラスされる金額を入れると、12月は通常より多い金額になるんですね

生活保護費を使い過ぎるのは危険

12月は1月分も先に貰えるので、お正月だから少し多めに使っても大丈夫かなと思ってしまうのは危険です

「収入認定額」自体がその都度変わっていく保護費なので、ある日突然調整がされて、いつもより2,3万は少なくなるということがありえるからです

そして、この調整費は自分では計算できないので、振り込まれた金額を見て唖然とするしかありません

ですから、4月1日の保護費より多く貰ったとしても無駄遣いをしないことです

高校生で寮生活をしている場合の注意点

寮生活などで週末だけ家に帰ってくる場合は、子どもの保護費はまず出ないと思っておいたほうがいいです

保護課では、住民票が自分の家にあったとしても、違う場所で生活してると保護費が出ないんですよ

そして一番苦しいのは、夏休みや冬休み

子どもの保護費が0円でも、夏休みの40日間は、自分の保護費から食費や衣服など全部出さなくてはなりません

就学奨励費と児童扶養手当を使い、子どもの生活費を工面する形になりますが、学校へ支払う高納金なども月数万円かかるので、食べていくだけでやっとの生活になります

そこのところは、何度も質問してみましたが今のところ改善策はないようなので、これから寮に入れようと思われている親御さんは気をつけてほしいと思います

まとめ

生活保護の体験を元に書きましたが、「収入認定額」も細かい内訳が書かれていないので、当時どのような計算方法なのかよくわかりませんでした

わかっていることは、保護の内容が変更になれば、保護費用も上下するということです

それが、数百円のときもあれば、数万円の場合もあるので、使いすぎにはくれぐれも注意しなければいけないですね

ではでは