MENU
借金依存症

【別れて正解】借金が治らない人の共通点は借金をしている自覚がないこと

カフェ

借金の悩みは、体験した当事者でないとわからないですが、一緒に暮らしている相手に借金癖があったらどうでしょうか

最初のうちは返済を助けますか?

一緒に暮らしていく中で、生活費を借金返済に充てるようになったら、自分のことじゃなくても見て見ぬふりができませんよね

返済の仕方によっては、この先もっともっとお金に困る生活になるかもしれません

黒板
債務整理(任意整理)は本人が進んでやらないとダメな理由消費者金融などで借りた借金が膨らみ、家庭内にも影響が出てくると、最悪は家庭崩壊にまでなっていきます。そうしないためにも、任意整理で少しでも借金をなくしていきましょう。全国に対応の弁護士・司法書士の事務所がある一覧も載せているのでそちらで無料相談してみてください。...

そもそも借金をする人ってどんな人?

よくドラマに出てくるような、借金を繰り返す人のイメージは

  • 酒びたりで
  • 仕事もせず
  • ギャンブルばかり
  • 暴力や暴言を吐き
  • ちゃぶ台をひっくり返す

昔の昭和にあったイメージがまさにこれ!っていう感じですが

実際はちょっと違くて「人当たりが良くて優しそう」なイメージの人が多いような気がします

例えばこんな経験ないですか?

身内が借金ばかりしているので誰かに愚痴や相談をしたら

  • 「えー意外!そんな人には見えないけど」
  • 「〇〇の気のせいじゃない?」
  • 「もっとひどい人は他にもいるよ?」

などと、全く本気にしてもらえなかったことないですか?

なぜ次々と借金をするのか?

これを解明できれば、借金癖なんて言葉がなくなるはずですが

本人曰く「よくわからない」そうなんですね←なんでやねん!

元々こんなに借金するつもりはなかったと大体の人が言うんです

ねこまちの身内は、最初消費者金融から「1万円」の借金をしました

そして気がついたときにはなんと1000万円までに膨れ上がってしまったんです

ありえねーと思いますでしょ?

ふざけんなレベルですよね?

こんなに膨れ上がっても「よくわからない」のか!と当時は思いましたが、借金をする人からするとそれは結果的にそうなったからよくわからないみたいなんです←だからなんでやねん!

「何に使ったか覚えてない」借金あるある

初めは1万円借りて返すつもりが、積もり積もって1000万円になった借金

家族側からすると、1000万円の膨大な金額、よほど高いものを買ったかギャンブルで大損したかと考えがえるのが普通です

でもそれも違っていました

じゃあ何に使ったと聞くと、少額で使っていったらこのぐらいになったと申すんですよね

例えるとこんな感じです

1万円札が財布に入っていると、崩すのがもったいないからまだ使わないでおこうとなる

千円札10枚に崩すと「なんとなくお札がたくさんある」「千円ぐらいはいいかな」と感じ、コンビニで何かを買う

「あと残り9千円か」

それを4回繰り返していく

財布の残りは5千円

ここでイレギュラーなことが起こった

  • 食事に誘われる
  • 飲みに誘われる
  • デートに誘われる

こんなときの脳は、「財布に5千円しかないと、何かあったときに困るな」と感じ、応急の場合でとキャッシングをしてしまうんです

それが積もり積もって、気がつくと膨大な金額に膨れ上がっていくというわけです

借入金が少なければ返済は楽?

木馬

1万円ぐらいの借金なら、余裕で返せるじゃんと普通は思いますよね

元利均等返済で、毎月数千円を分割で返済していくので「意外と楽」と思ってしまうんです

これが、「あと1万円借りても返していけるかな」と思わせてしまうテクニックなんですね

じゃあ、また1万円借りるとどうなるか

次回は、1万円+前回の1万円弱を合わせて、金利〇%を掛ければいいので

まだ数千円の返済で済んで、全然楽だーと錯覚してしまうんですね

しかし、この借入を数回繰り返せばあっという間に10万円になって、30万円になっていくんです

消費者金融は、30万円借りたあたりから、元金と利息が入れ替わるので、毎月1万円近く返済してもそれは元金ではなく、利息を払っているだけになってしまい、借金自体はまったく減りません

下を向く人
【借金依存症】借金を繰り返す人に借金の自覚がないのはなぜか借金癖はなかなか治らない、わかっていてもまた借金をしてしまう。何をやっても辞められない借金癖の人と長年暮らしてきた中でわかったこと、無駄だったことなどを書いています。辞められない人と辞めてほしい人との生活は難しいものがあると感じる内容です。...

家にはお金があふれ出てくる壷があると思っている

土瓶

これは、多額の借金をどうやって返済していくかの、家族会議をしている最中に理解不能になった経験談です

借金が膨らみすぎて、収入より返済のほうが多くなってしまい、このままだと生活が破綻していくからどうしようという話し合いの最中に、借金の当事者から

「とりあえず腹が減ったからご飯を食べてからにしよう」

という案が出ました

貧乏くさい話しですが、ご飯を食べるお金もないぐらい切羽詰っているのに、なにを悠長にご飯を食べようだ?と危機管理のなさに呆れてしまいました

自分で蒔いた種をまるっきり人ごとのように思っているわけですね

収入より返済のほうが上回っているにもかかわらず、どこから食費というお金が沸き出てくるのでしょうか

なんだかんだ言っても、食費ぐらい出せるだろうという思いがある時点で、周りに迷惑をかけているという自覚がないのです

まとめ

借金地獄にハマるのは、ほんの少額からの借金がきっかけです

家族が助け合って生活を立て直すには、本人の自覚がないとできません

もし話し合いで解決できない場合は、借金は毎日利息が付くので、時間をおかずに専門家に相談するのがベストです

ねこまちおすすめの無料相談弁護士一覧はこちら

ではでは