ブログの作り方

WordPress超初心者が最初に書く記事は正直なんでもいいと思う

悩む人

皆さんは、初めての記事はどんなもの書きましたか?

ねこまちはWordPressをインストールしてから2年半書けずに放置したままでした

情報収集やセミナーにも参加したけれど、結局のところノウハウだけが貯まって実践まではいかないノウハウコレクターになっていました

参考 ビジネス心理学
ノウハウコレクターとは

ねこまち
ねこまち
ネットもPC操作も全くの素人だったからにゃ

これじゃダメだと重い腰を上げ書いた記事は、WordPressの設定でつまづいたこと

そんな感じのねこまち@ブログですが、これから先10、50、100記事と増えていけば、何か変化があるかも?という目標も出てきたので、記録記事もその都度書いていこうと思います

ねこまち
ねこまち
黙々と書くしかないにゃ

得意(好き)なものを書いて達成感を味わう

記事作成が進まなかったら、好きなものだけをまず記事にしてみましょう

ジャンルがまだ決まってなくても、好きなものや得意なものを書き出していると、段々と自分はこのジャンルかなとわかってきたりします

その得意なもので1つ書き上げると、小さな達成感が味わえて2つ目も書こうかなという気持ちになります

書く題材はなんでもいい

  • 自分が調べなくてもわかるもの
  • 調べるなら少量で済むもの
  • 書いていて楽しいもの

書いてるときに楽だなーと思うものがいいですね

得意なものは自分の中に情報がたくさんあるので、記事にするのも早くできます

得意分野なら調べ物も簡単に、楽に、短時間で終わらせたりもできますしね

書いていて楽しいものは、気づくと文字数も多くなっていくので、

「自分の好きなものはどんどん書けるよ」という人は、文字数は気にしないで書けるだけ書いてみてください

そのあとで、分割したり足したりしていけばいいのです

不得意(苦手)なものは書きにくい

うつぶせになる人

逆に苦手なものを書くには難易度は上がりますね

なぜ?・・・あんまり楽しくないからです

楽しくないから書けないし手が止まる

苦手を克服した記事を書いて興味をもってもらう

例えば、「私は水が苦手でまったく泳げません」という苦手な記事を書く場合

「私は水が苦手でまったく泳げませんでしたが、ある方法を試したら4種目泳げるようになりました」

と書けば、泳げない人たちが見て「自分も泳げるようになるかも?」

と未来が見えてきますよね

他にも

  • 苦手な英語を克服して話せるようになった簡単なやりかた
  • 部屋が汚なくて困っていたところ○○をしたらスッキリ片付いた
  • 冷蔵庫にキャベツしかないときに乗り切るボンビー料理レシピ

など、知りたい人にとってはとても役立つ情報なわけです

ねこまち
ねこまち
ねこまちが好きな情報にゃ

完璧に仕上げず7割ぐらい書いたら投稿する

7割

サイトのレイアウト、吹き出し、カラーなど、キレイに仕上げて投稿したいと思う気持ちは痛いほどわかりますが、ここは意を決して公開ボタンを押してしまいましょう

ねこまちは、公開ボタンを押すとすぐ誰かに見られると思って、下書きばかり貯まってとんでもないことになりました

でも実際は誰にも見られないんですよね

星の数ほどあるサイトの中から見つけてもらえるなんて最初は奇跡です(検索上位に上がらない)

下手すれば一生見つけてもらえないかもしれないです(大げさだけどそのぐらいSEOって難しいですよね)

ねこまち
ねこまち
ねこまちは自意識過剰だったわけだにゃ?

投稿した記事は何度でもリライト(編集)できる

  • 記事を追加したり
  • 古いものを削除したり
  • 画像を入れたり
  • レイアウトを整えたり

いくらでもできるんですね

人の目が気になって、完璧じゃないとブログを公開しちゃダメなんだろうと思い込んでたねこまちが、リライトできると知ったときは目からウロコ状態でした

100%にしなくてもいいんだと思うと肩の力が抜けていきますよね

まとめ

  1. 最初は好きなもので書こう
  2. 苦手なものを克服した体験記を書こう
  3. 完璧に仕上げず余力を残して投稿しよう
  4. 編集できる安心感を持って気楽に書こう

以上な感じです

深く考えすぎて手が動かないのはもったいないですからね

とりあえずはやってみる!これに尽きると思います

一緒にコツコツ書いていきましょう

ではでは

ねこまち
ねこまち
また会おうにゃー

こちらの記事もおすすめ