初心者がWordPress”初投稿”前に入れておく2つのプラグイン

インデックスWordPress

 

WordPressのインストールが終わり、記事を投稿する前に入れておきたいプラグイン2つをご紹介します

その前に、サイト非表示(クローズ、メンテナンスモード)プラグインや、「インデックスしない」に設定している場合は解除しておいてください

作業中のWordPressを一時的にメンテナンス表示にできるプラグイン
WordPressインストール直後やアップデート・テーマの変更中にサイト画面を非表示にできるプラグインComing Soon Page & Maintenance Mode by SeedProdの設定方法を解説しています。
スポンサーリンク

Google XML Sitemapsでサイトを認識してもらう

Google XML Sitemapsとは、ブログ内を巡回してもらうプラグインのことです

記事を公開すると自動でサイトマップを生成してくれて、Googleの検索エンジンに通知してくれるので、自分のサイトが早く認識されるわけです

まずは

ダッシュボード>プラグイン>新規追加>「Google XML Sitemaps」で検索し

インストール>有効化にしておきます

有効化が終わったらプラグイン>Google XML Sitemaps>「設定」を開きます

 

四角で囲んであるボックスにチェックを入れます

チェックを入れ終わったら、必ず「設定を更新」をクリックしておいてください

WebSub/PubSubHubbubで自分の記事を守る

ハブ

読み方はウェブサブパブサブハブバブ

Googleに記事を更新したよと知らせてくれるプラグインです

いち早くGoogleに知らせることで、他人にコピーされるのを防ぐ役割もあるんですね

万が一コピーされた記事が先にインデックスされると、自分の記事なのに真似をしたと認識され、Googleからの評価が落ちてしまいます

それを防ぐためにも是非入れておきましょう

ダッシュボード>プラグイン>新規追加>「WebSub/PubSubHubbub」で検索

インストール>有効化をクリック

有効化されると「有効」に変わります

設定は特に何もしなくて大丈夫です

まとめ

WordPress立ち上げ直後は、プラグイン選びに時間がかかったりしますが、この2つのプラグインは設定が簡単で、一度入れてしまえばあとは自動でやってくれるので助かりますね

Googleにサイトを巡回してもらうためのGoogle XML Sitemapsと

コピーされるのを防ぐWebSub/PubSubHubbub

ぜひ導入してみましょう

ではでは

タイトルとURLをコピーしました