プラグイン

【初心者向け】溜まったリビジョンを削除してサイトを軽くする方法

リビジョン

記事作成時にいつも気になっていた「リビジョン」という名前

使い方がよくわからず、公開後にも支障なかったので放置していたんですが、毎回記事を作るたび気づくと数字がどんどん増えていくので、今回調べてみました

リビジョンてなに?

新規作成時は何も表示されてない場所に、記事を下書き保存しながら進めていくと、リビジョン:2表示というものが出てきます

書き初めの状態

しばらくすると

そのまま記事を書き、プレビューしながら進めていくと今度はどーんと数字が増えていました

これは初心者が見てもなんかヤバイ感じがします

そうなんです

リビジョン機能とは、下書き保存やプレビューをした時に自動でバックアップを取って保存しているんですね

リビジョンのメリット

  • 更新した記事をその都度バックアップしていること
  • 誤って消した場合にも戻ってやりなおせること
  • 前と後の記事が比較できること

リビジョンのデメリット

  • 数字が大きくなる分だけデータが蓄積される
  • サイトが重くなる
  • 投稿IDの数字が大きくなる(10記事しか投稿してなくてもIDが4桁になっている)

例えば、1000文字書いていたとして、そこに1文字だけ修正し下書き保存しても、最初の1000文字分の記事と修正した記事の1000文字合計2個分(2000文字)がリビジョンとして残ってしまうのです

ねこまちのように、72もあったら1000×72個分の記事があるというわけですね

そのため、サイト自体が重くなってしまうということでした

ねこまち
ねこまち
同じ記事が増えすぎにゃ

リビジョンの削除には、コードを書き込んで増えないようにもできるようですが、初心者にはハードルが高すぎますよね

間違った場合には、サイトが真っ白になる可能性も出てくるみたいなので、ねこまちも怖くてやってません

そういうわけなので、プラグインを使って簡単に削除できる方法にしてみたいと思います

リビジョンを削除してくれるWP-Optimizeプラグイン

プラグイン>新規追加>WP-Optimizeをインストール>有効化をクリックします

WP-Optimize>設定をクリック

「一般設定」で「直近2週間分のデータを保持する」にチェックを入れる

このようにチェックを入れる

リビジョンを削除してみる

WP-Optimizeをクリックし

  1. 最適化したい項目にチェックを入れる
  2. Run all selected optimizationsをクリック

リビジョンだけを削除したい場合は

「すべての投稿リビジョンをクリーン」の右側にある「最適化を実行」をクリックするだけです

まとめ

リビジョンをそのままにしておくと、膨大なデータが溜まったままになり、サイト自体が重くなります

高速化はサイトでは必須なので、リビジョンの最適化は絶対にするべきですね

ではでは

こちらの記事もおすすめ