【WordPress初心者】ブログの作成方法を0から順番に解説します

ブログの始め方WordPress

WordPressでブログを始める順番が書かれているよ

このまま進めて行ってね

順番通りに進めていくことで、終わる頃には記事を投稿できるようになります

ブログ作成に必要なサーバーの契約

まずはWordPressを置くサーバーを決めていきましょう

ここでは、長年実績のあるエックスサーバー を使って説明していきます

ダッシュボードの管理画面もリニューアルしたのでますます使いやすくなりました

  • 安いプランでも高機能
  • サーバーが安定している
  • 使っている人が多い
  • 初心者でもわかりやすいシンプルな管理画面
  • 独自SSLが無料

エックスサーバー以外でおすすめのサーバーはこちら↓↓

おすすめのレンタルサーバー

表示速度が速いConoHa WING(コノハウィング)

こちらも速いMixHost

災害に強いこちらも高速サーバーColorfulBox(カラフルボックス)

どれにしようか迷ったら

ブログの速度を目指すなら→MixHostまたはConoHa WING(コノハウィング)

ブログの安定を目指すなら→エックスサーバーまたはカラフルボックス

がいいかなと思います

エックスサーバー(Xserver)に申し込む

Xserver

  1. メニューのお申し込み
  2. サーバーお申し込みフォーム
  3. 10日間無料お試し 新規お申し込み

10日間の無料を試さずに新規お申込みもすぐにできます

 

  1. サーバーIDは実際に使わないので、適当な文字を設定して大丈夫です
  2. プランは×10のスタンダードで

会員情報を入力する

  • メールアドレス
  • 住所
  • 氏名
  • 電話番号

  • 「利用規約」と「個人情報に関する公表事項」にチェック
  • 「お申し込み内容の確認へ」に進む

「SMS・電話認証へ進む」をクリック

  1. 自分の国
  2. 電話番号
  3. テキストメッセージにチェックを入れるとSMSが届きます(③④好きなほうで)
  4. 自動音声通話にチェックを入れると電話がかかってきます(③④好きなほうで)
  5. 「認証コードを取得する」クリック

届いた5桁の認証コードを入力して

「認証して申し込みを完了する」をクリック

申し込みが完了すると、登録したアドレスにメールが来ます

 

ユーザーアカウント情報はこのあと使うから削除しないでね

 

エックスサーバーに料金を支払う

メールの中にあるインフォパネルにログインします

メールにある「▼ユーザーアカウント情報」から

  1. 会員ID又はメールアドレスを入力
  2. インフォパネルパスワードを入力
  3. ログイン

「料金のお支払い/請求書発行」をクリック
下へ移動して

  1. チェックを入れる
  2. 更新期間を選ぶ(▼プルダウンで選択できる)
  3. お支払い方法を選択する

料金の支払い方法は下の一覧から選んでください

どれどれ終わったかにゃ?

これでエックスサーバーの契約は終了です

ブログの住所になるドメインを決める

ドメインというのは、インターネット上にある住所(URL)のこと

ねこまちの住所(URL)は「https://necomachi01.com」だよ!

エックスサーバーからドメインを取得する方法

先ほど契約したXサーバーからドメインを取得することもできます

ドメインが永久無料で使用できるキャンペーンもあるので、キャンペーン中はエックスサーバーでドメインを取得したほうが断然お得です

手続きも簡単なので、ドメイン永久無料キャンペーン中ならドメインも同時に取得してXサーバーで契約していきましょう

エックスドメイン

他のドメイン

Xサーバー以外のドメインを取得したいなら「お名前.com」が安くておすすめです

どちらか好きなほうを選択してね

「お名前.com」での取得方法は少し分かりづらいので、今回はこちらの設定方法で解説していきます

エックスサーバー で契約したい方はここは飛ばして大丈夫です

 

お名前.comにアクセスします

枠内に希望したいドメインを入力(複数あるときは複数検索を押して、数個入力しましょう)

「検索」をクリック

□で囲んであるドメインにはチェックが入れられます

メールマークのアイコンは、現在使用者がいるのですぐには使えないという意味です

「2.レンタルサーバー追加」は、先程エックスサーバーを契約したのでここではしないようにしてください(利用しないにチェック入れる)

ドメインを選択したら「お申込みへ進む」をクリック

「1.お申込み内容」の登録年数は「1年登録」で大丈夫です

  • Whois情報公開代行メール転送オプション
  • ドメインプロテクション

は両方ともチェックしないでください

  1. 登録したメールアドレス入力
  2. 登録したパスワード入力
  3. 次へ クリック

会員情報の入力をしていきます

  1. 種別
  2. 名前
  3. 郵便番号
  4. 住所
  5. 電話番号
  6. メールアドレス

「次へ進む」をクリック
支払い方法選択
  1. クレジットカード
  2. コンビニ
  3. 銀行振込

「選択して申し込む」をクリック

お申込みを受け付けました」と出たら登録完了です

届いたメールを確認し、下のURLをクリックして

  • メールアドレスの有効性認証書
  • 電子メールアドレスの有効性の認証書
  • メールアドレスの有効性を確認させていただきました。

という画面になれば終了です

サーバーとドメインを連結させる

次に2つをこんな感じに連結させます

  • エックスサーバーにお名前.comドメインを設定
  • お名前.comでエックスサーバーの設定

エックスサーバーにお名前.comを連結させる

まずはお名前.com Naviへログイン

ご利用状況のドメイン一覧をクリック

ネームサーバーのその他(初期設定)をクリック

1.ドメインの選択 チェックが入っていればそのまま

2.ネームサーバーの選択「その他」を選択

+を押してネームサーバー5にする

    • ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
    • ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
    • ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
    • ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
    • ネームサーバー5 ns5.xserver.jp
サーバー5までこのように入力する(コピー可)

ネームサーバー5までは、届いたメールに記載されています

入力を終えたら「確認」をクリック

右下の「OK」をクリック

「完了しました」が出れば終了です

反映に数時間かかる場合があるのでしばらく待ちましょう

 

エックスサーバーとお名前.comを連結させる

エックスサーバーのサーバーパネルへログインします

サーバーパネルのログインとは、メールの下にある

  • サーバーID
  • サーバーパスワード

のことです

右の「ドメイン設定」をクリック

 

「ドメイン設定追加」をクリック

  1. ドメイン名: お名前.comで取得した「ドメイン」を入力
  2. 無料独自SSLを利用する: チェック入れる
  3. 高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする: チェック入れる
  4. 「確認画面へ進む」クリック

「追加する」をクリックして完了です

独自のSSLを設定していく

サーバーパネルから「SSL設定」をクリック

  1. 「独自SSL設定追加」選択
  2. ▼からSSLしたいドメインを選ぶ
  3. 「確認画面へ進む」クリック

 

反映に時間がかかる場合があるのでしばらく待ちましょう

WordPressをインストールする

いよいよWordPressのインストールです

あともう少し

サーバーパネルから「WordPress簡単インストール」をクリック

 

[WordPressインストール]タブをクリックして情報を入力します

  • サイトURL    :そのままで大丈夫
  • ブログ名     :あとからでも変えられます
  • ユーザー名    :ログインの時必要なので覚えられるもので
  • パスワード    :ログインの時必要
  • メールアドレス  :登録時のものでOK
  • キャッシュ自動削除:ON
  • データベース   :自動でデータベースを生成する

「確認画面へ」クリック>「インストール」をクリック

 

WordPressにログインができなかったら

インストールが完了するとログイン画面が出ます

もしログインのURLがわからなくなったときはサイトドメインの後に「/wp-admin/」を付ければログインすることができます

これでWordPressのインストールは完了しました

あともう2つ大事な設定があるよ!

パーマリンクを設定しよう

WordPressにログイン

 

「ダッシュボード」>「設定」>「パーマリンク設定」と進み

 

設定したいパーマリンクにチェックを入れます

「投稿名」にチェックを入れて、右側の「/%postname%/」になっていることを確認します

忘れずに「変更を保存」をクリック

「http」から「https」に鍵をかける

WordPressインストール時に「SSL化の設定」をしたと思います

SSLとは、第三者から情報を盗まれるのを防ぐために暗号化したもの

その暗号化されたものに鍵をかけるのがhttpsです

警告マークが付いているのが「SSL化されていないサイト」

鍵マークが付いていれば「SSL化されているサイト」になります

では、鍵を設定していきましょう

「ダッシュボード」>「設定」>「一般」と進み

キャッチフレーズ : 空白のまま

WordPressアドレス(URL):http⇒httpsと「s」を付ける

サイトアドレス(URL):http⇒httpsと「s」を付ける

このように設定していきます

すでに「s」が付いている場合はこの設定はいりません

「http」から「https」にリダイレクト設定をする

リダイレクトってなんだろう?と思うかもしれませんが

まずは、SSL化してない(Sが付いてない)下のURLリンクに飛んでみてください

http://necomachi01.com(←SがないURL)

飛んだ先のURLには「https」とSが付いている鍵マークになっていませんか?

このように、古いリンクやSSL化していないURLを新しいURLに飛ばしてあげることをリダイレクトといいます

設定方法はエックスサーバーマニュアルにも詳しく書かれています

Xサーバーを高速化する

WordPressのインストールが完了したら、サーバーの高速化設定をしておくと楽です

サーバーを高速化することによってブログの表示スピードも上がり、ユーザーがストレスなくページを閲覧することができるからです

設定はとても簡単なので、今すぐ設定しておきましょう

詳しい設定は、WordPressインストール後はサーバーの高速化設定で書いています

以上で、ブログを書く準備は整いました

お疲れさまにゃ~

あとの細かい設定、たとえばプラグインやテーマなどは、WordPress(ワードプレス)各種設定でも紹介していますので、ぜひご覧ください

ではまた

タイトルとURLをコピーしました