YouTube動画の低評価を非表示にするメリットとは(一括でも出来る)

低評価非表示YouTube

今回はこのような内容になっています

  • チャンネルを開設したばかりで低評価をつけられる
  • 動画を投稿した直後に低評価をつけられる
  • 低評価ばかりでモチベーションが維持できない
  • 非表示にする設定方法

低評価でモチベーションが下がっていたら、一時的でも非表示にするのがいいかもしれないですよ

スポンサーリンク

YouTubeの低評価が気になるときは非表示にしてみる

動画視聴

チャンネルを開設したばかりで低評価をつけられる

始めたばかりの頃に、登録者数も視聴回数も少ないのになぜか低評価だけ付けられている経験ありますか?

視聴回数が1桁2桁なのに

高評価1、低評価1だったりすると、視聴回数が少ないわりにかなりショックですよね

しかも始めた頃は、自分のチャンネルをよく知らない人たちが来ていると思うので、考えられる理由はこんな感じかなと思っています

  • 検索した動画が思っているものと違った
  • 動画内容がつまらない
  • クオリティが低い
  • 単に気に入らなかった
  • 低評価を押すことに生き甲斐を感じている人

これでも十分ショックですが、たまたま検索で動画を見た人が、通りすがりで押したのであればまぁ仕方ないかなと思えますよね

動画を投稿した直後に低評価をつけられる

低評価

ところが、動画投稿直後に付けられていたらどうでしょう

理由はどうあれ、個人的にはこれが意外と精神的にくる低評価じゃないかと思ってます

有名なYouTuberでさえも低評価は凹むと言ってるぐらいなので、それがもし意図的に付けられていたら凹みますよね

1人でしている場合もグループでしている場合も、動画を視聴しないで低評価ボタンを押す行為はいわば嫌がらせと同じです

人気チャンネルになればなるほど、見る人の母数が多くなるので低評価も必然的には多くなるでしょうが、無名で知られていないチャンネルでも同様のことが起こると、狙って押しているのかも?と疑いたくなるのは当然のことですよね

低評価を付けるのは一視聴者だけとは限らない

視察

低評価は一視聴者だけとは限らず、ライバルから付けられている可能性も高かったりします

例えば、同じようなカテゴリーのチャンネルで片方だけ伸びている場合

低評価だけでは物足りないのかコメントでも嫌がらせを受けることがあるそうです

これも1人やグループの場合があるので気を付けたいところですね

そんな時は、コメントも非表示にしてみるのがいいかもしれないですよ

YouTubeコメントを非表示にする各対処方法【削除・ブロック】

低評価でモチベーションが維持できない

モチベ維持

相手は軽い気持ちでボタンを押しても、動画を上げる側はそれなりに労力、時間も使っていますから、動画投稿直後の低評価はモチベーションの維持にも響いてくると思うんです

それが原因で辞めたり、投稿ができなくなる人もいるわけですから

でもそれって、正直もったいないんですよね

高評価を付けてくれるファンを大事にする

低評価ばかりじゃなく、高評価を付けてくれている人のほうがたくさんいるわけですから、たった数人の低評価で辞めてしまうのって本当はとてももったいないことなんです

それは

高評価を付けてくれる人=ファンだからです

ファンとはいかないまでも、動画に高評価を付けてくれること自体そもそもすごいことなんですよ

私もYouTubeは頻繁に見ますが、よほどのファンか共感しない限り、動画に高評価はあまり付けないほうです

単に視聴して終わってしまいます

なので、高評価ボタンを押してくれる人はとても有難いファンなんですよ

YouTubeが嫌で辞めるのはいつでもできると思います

でもまずは、自分の精神的負担を軽くするという意味で、一度非表示設定にしてみてはどうでしょうか

【危険】チャンネル相互登録は規約違反で最悪アカウント停止になることも
チャンネル相互登録は規約違反で最悪アカウント停止になることもあります。相互登録の友を増やすより濃いファンを増やしたほうがYouTubeからの評価は高くなります。まずは良質な動画を撮って継続していくことを目指したほうがいいでしょう。

非表示にして得られるメリット

非表示メリット

残念ながら、非表示にしても自分のダッシュボード画面では見えちゃうので完全にシャットアウトまではいかないですが、低評価を他の視聴者が見れないというメリットはあります

なぜなら、評価ボタンが見えないということは、動画を視聴する際に何も感じないということだからです

もし、今まで通り表示していたら、見る前に少なくとも

「この動画は低評価が多いな」と認識してしまいますよね

動画自体悪くなくても、低評価が多いのを見ただけでなんとなくダメなのかと思わせてしまいます

これを非表示にすることで、先入観なく動画に集中することができるようになります

反対に、低評価を付けていた人は、付けても目には見えないので面白みがなくなるわけです

手ごたえを感じなければ自然と来なくなりますよね

これが非表示にして得られるメリットです

投稿済み動画を個別で非表示

YouTubeにログインし、YouTube Studioから動画へ行きます

  1. 非表示にしたい動画にチェックを入れ
  2. 「編集」の▼をクリック

 

「ユーザーの評価」を選択

 

「オフ」を選択し「動画の更新」をクリックします

投稿済み動画を一括で非表示

  1. 左の□にチェックを入れて全体を選択
  2. 「編集」の▼をクリック

 

「ユーザーの評価」をクリック

 

「オフ」を選択し「動画の更新」をクリックします

初期設定で非表示にしておく

動画をアップロードする前の非表示設定

YouTubeにログインした状態で「設定」を選択

  1. アップロード動画のデフォルト設定
  2. 詳細設定
  3. この動画の評価をユーザーに表示する
  4. 保存

の順に設定していけば終わりです

まとめ

低評価は正直あまり気分のいいものではないですが、今のYouTubeでの仕様ではこのボタンをなくすことはできません

それならいっそのこと非表示にして、撮影・編集に没頭できる環境にしたほうがモチベーションアップにはいいのかも

低評価を付ける側のボタンは軽い”1”でも、受ける側の気持ちは重い”1”なのですから

ではまた

タイトルとURLをコピーしました