YouTube動画の低評価を非表示にするメリットとは(一括でも出来る)

低評価非表示YouTube
スポンサーリンク
  • 視聴回数が少ないのに低評価が多い
  • 動画を投稿した直後に低評価がつけられる
  • 低評価が多くてモチベーションが維持できなくなった
  • 非表示にするメリットとは?

このような疑問にお答えしていきます

モチベーションが上がらない時は、一時的でも非表示がおすすめ

スポンサーリンク

YouTubeの低評価が気になるときは非表示にしてみる

動画視聴

視聴回数が少ないのに低評価が多いとき

視聴回数の少ない動画に、低評価だけ多いという経験はありますか?

この高評価・低評価ボタン、匿名でできてしまうところにモヤモヤする原因があるのですが

もし考えられるとするなら

  • 検索した動画が思っていたものと違ったから
  • 動画内容がつまらないから単純に低評価を押した
  • クオリティが低すぎて、、
  • 単に気に入らない
  • 低評価を押すことに生き甲斐を感じている人

と、妄想でいくつか出してみましたが、これはこれで十分ショックだったりもしますね

もちろん、これが原因だとしたら改善しなければいけないところですが、たまたま検索で来たユーザーが、深い意味もなく低評価を押したならさほど気にすることもないと思うんです

動画のクオリティを上げたり、視聴者が見たい動画を作成していけばいいことですから

問題はそうじゃない場合の低評価ですよね

動画を投稿した直後に低評価をつけられる

低評価

これが地味に凹む低評価なんじゃないかと、個人的には思うんです

有名なYouTuberでさえも言っているぐらいですからね

さらにこれが意図的に付けられているとしたら、やる気がなくなるのもわかる気がします

その逆で、動画を見る前に高評価を付けてくれる視聴者さんがいると、タイムラグが起きることもあるんです

視聴回数0で、高評価2とかですね笑

これはこれで嬉しいタイムラグです😊

人気チャンネルになればなるほど見る人の母数が多くなるので、低評価が増えるのは仕方ないとしても、まだ知られていないチャンネルでも同様なことが起こると、狙って押しているんじゃない?と疑いたくもなりますよね

低評価を付けるのは一視聴者だけとは限らない

視察

低評価は一視聴者だけとは限らず、同業のライバルから付けられる可能性も実は高かったりするんです

例えば、同じようなカテゴリーで、片方のチャンネルだけが伸びていった場合にとかですね

低評価だけでもかなり凹みますが、コメント欄で嫌がらせを受けることもあります

1人のときもあればグループで来ることもあるので、コメントをオープンにしていると防ぎようがありません

あまりにひどいコメントには、YouTube側が判断して保留にしてくれたりブロックする機能もあるのでいくらかよくなったとはいえ、それでも我慢できないときはそのユーザーをブロックかコメント自体を非表示にするほうが精神的には楽でしょう

YouTubeコメントを非表示にする各対処方法【削除・ブロック】

低評価ばかりでモチベーションが維持できない

モチベ維持

相手は軽い気持ちでボタンを押したとしても、動画を上げる側はそれなりに労力、時間も使って投稿するわけですから、投稿直後の低評価はかなりモチベーションに響いてきます

それが原因で辞めたり、投稿ができなくなる人もいるわけですしね

ものすごくもったいない気がします

高評価を付けてくれるファンもいる

低評価ばかりじゃなく、高評価を付けてくれている人もたくさんいるわけですから、たった数人の低評価やコメントで辞めてしまうのってとてももったいないことだと思うんですよ

だってそれは、高評価を付けてくれる人=ファンですからね

ファンとはいかないまでも、動画に高評価を付けてくれること自体そもそもすごいことなんだと個人的には思ったりします

私もYouTubeは頻繁に見ますが、よほどのファンか共感したときでない限りは動画に高評価は付けないからです(すみません(;’∀’))

視聴して終わっちゃう感じですね

なので、高評価ボタンを押してくれる人はとても有難いファンだと思います

YouTubeが嫌になって辞めるのは簡単なことですけど、まず自分の精神的負担を軽くするという意味で、非表示設定にしてみるのもありかなと思います

【注意】チャンネルの相互登録は規約違反!最悪アカウント停止になることも
チャンネル相互登録は規約違反で最悪アカウント停止になることもあります。相互登録の友を増やすより濃いファンを増やしたほうがYouTubeからの評価は高くなります。まずは良質な動画を撮って継続していくことを目指したほうがいいでしょう。
スポンサーリンク

非表示にして得られるメリット

非表示メリット

残念ながら、非表示にしても自分の管理画面では見えてしまうので完全にシャットアウトまではいかないですが、低評価を他の視聴者が見れないというメリットはあります

「低評価ボタンが見えないということは、動画を視聴する際に何も感じない」ということだからです

もし、今まで通りに表示していたら、視聴者は動画を見る前に少なくとも

「この動画って低評価が多いな」と認識してしまいますよね

動画自体悪くないとしても、低評価が多いだけでなんとなくダメなのかと思わせてしまうんです

なので、これを非表示にすれば先入観なしで動画に集中することができます

反対に、低評価を付けていた側は、付けても画面に表示されないので面白みがなくなるというわけですね

手ごたえを感じなければ自然と来なくなるので、これが非表示にして得られるメリットです

次は非表示の設定方法だよ

投稿済み動画を個別で非表示する場合

YouTubeにログインし、YouTube Studioから動画へ行きます

  1. 非表示にしたい動画にチェックを入れ
  2. 「編集」の▼をクリック

「ユーザーの評価」を選択

「オフ」を選択し「動画の更新」をクリックします

投稿済み動画を一括で非表示にする場合

  1. 左の□にチェックを入れて全体を選択
  2. 「編集」の▼をクリック

「ユーザーの評価」をクリック

「オフ」を選択し「動画の更新」をクリックします

初期設定で非表示にしておく

動画をアップロードする前の非表示設定

YouTubeにログインした状態で「設定」を選択

  1. アップロード動画のデフォルト設定
  2. 詳細設定
  3. この動画の評価をユーザーに表示する
  4. 保存

の順に設定していけば終わりです

まとめ

低評価は正直あまり気分のいいものではないですが、今のYouTube仕様でボタンをなくすことは不可能みたいですね

それならいっそのこと非表示にして、撮影・編集のスキルアップに時間をかけたほうが精神的には楽になると思います

もちろん、視聴者からの低評価は嫌がらせだけとは限りません

「今回はイマイチだったけど次回は頑張って」の意味を含んだ低評価もあると思うので、良質な動画を作っていくことだけに全力を注ぎましょう

ではまた

タイトルとURLをコピーしました