YouTubeチャンネル登録ボタン(透かし)を無料ソフトで作る方法

チャンネル登録ボタンYouTube

YouTubeのチャンネル登録ボタンを、無料画像ソフト「Canva」を使って作成する方法です

この登録ボタンがあることによって、リンクを探さなくても見ている画面上で気軽にクリックすることができます

今回は、透かし入りで作る方法も

では、早速作っていきましょう

スポンサーリンク

YouTubeチャンネル登録ボタンの作り方(透かし入り)

ロゴサイズを設定する

まずは、Canvaへ

YouTubeチャンネルのロゴサイズは「150×150ピクセル」なので

  1. デザインを作成
  2. カスタムサイズ
  3. 150 × 150
  4. 新しいデザインを作成

としましょう

ロゴを作成する

今回は、neocmachiチャンネルに設定してあるこのチャンネル登録ボタンを見本に作成していきます

 

自分のアイコンを使うか、Canvaの「素材」から好きなものを選んでください

 

ではまず「テンプレート」タブから「花の住み処」というのをクリックします

 

フォントや画像は削除、赤い丸だけ残して矢印の左右をいっぱいまで伸ばしていきます

 

伸ばせたら、色を変えたいので左上の四角をクリック

 

好きな色を選びましょう

画像をアップロードする

「アップロード」>「画像または動画をアップロード」クリック

 

アップロードしたい保存先をクリック

PC内のファイルなら「デバイス」を選択

 

アップロードして画像をクリックするとこのように背景が白くなっていますね

背景を透過(透かし)

removebgというサイトで背景を透明にします

「画像をアップロード」

背景を削除した画像になるので

このままでよければ「ダウンロード」をクリック

編集したければ「編集」の▼をクリック

 

右側に項目が出るのでここで編集します

よければ「ダウンロード」

 

四角い白背景がなくなりました

サイズは自由に設定できますよ

テキストを入れる

「テキスト」>「見出しを追加」クリック

大きさや位置などを調節します

フォントは目立つ色がベスト

YouTubeの画面は黒が多いので、「赤」などのテキストのほうが目立って読みやすいかと思います

ダウンロードする

「ダウンロード」>「PNG」>「ダウンロード」

Canvaでの背景透過もできますが、有料になってしまうのでここではやりません

YouTubeチャンネルへアップロード

一旦、YouTubeへアップロードしてみたいと思います

YouTubeへログインし、「チャンネル」から

 

「チャンネルをカスタマイズ」

 

「ブランディング」>動画の透かし>「アップロード」をクリック

 

動画を確認して「完了」をクリック

ボタンが表示されるタイミング

  • 動画の最後
  • 開始位置を指定
  • 動画全体

の3つから選べるので好みにチェックを入れて「公開」をクリック

今回は「動画全体」に設定してあります

アップロードができました

白い背景が残ったままの状態でよければ、このままで終了です

もし、丸のロゴがいい場合は白の背景を透明にしないといけないので、先ほどアイコンでやった「背景の透過」で白い部分が透明になります

 

白い背景を透過した結果がこちら↓

周りにあった四角い白背景が透明になってますね

ロゴを有料で作ってもらう方法もある

スキルマーケット

無料素材だと上手くできない時に、自分専用のアイコンや、ロゴ、チャンネルアートなどのバナー画像(ヘッダー)をスキルマーケットで作ってもらうことも可能です

因みに、necomachiのアイコンは「ココナラ」で作ってもらいました

値段は、個人で使う場合と商用(ビジネス用)で値段が違いますが、新規登録で貰えるクーポンやキャンペーンなどを使えば、1,000円~2,000円ぐらいで作れると思います

ぜひ自分好みのクリエイターを探してくださいね

ココナラ

【SKIMA】

お金を出してもブログやSNSで使うアイコンを「ココナラ」で作る理由
ブログやTwitterを始めたばかりの頃は、アイコンまで気が回らずにフリー素材を使用していましたが、なんとなくインパクトに欠けるし、他と被るのもいやだなと思い 今回初めて「ココナラ」というスキルマーケットへ依頼してみました ...

まとめ

以上、YouTubeチャンネル登録ボタン(透かし)を無料ソフトで作る方法でした

やっぱり登録ボタンがあるとチャンネルらしくなってきますね

他にも、アイコンやチャンネルアートといったトップ画面のバナー画像(ヘッダー)なども無料画像ソフトで作れてしまうので是非試してみてください

ではまた

タイトルとURLをコピーしました