【YouTube】チャンネル登録用のURLの作り方とIdの確認方法

チャンネル登録urlYouTube
スポンサーリンク

自分のYouTubeチャンネルに登録してもらうにはこの下のような方法がありますが、

その中でも今回は「概要欄によく貼られているURLの作り方」の紹介です

それではやっていきましょう~♪

スポンサーリンク

チャンネル登録用URLの作り方とIdの確認方法

ユーザーIdとチャンネルIdの確認方法

YouTubeへログインし「設定」→「詳細設定」へと行きます

 

「ユーザーId」と「チャンネルId」が並んで表示されていると思います

今回は「チャンネルId」だけ使うので、「コピー」をクリックしておきましょう

 

チャンネル登録用URLを作る

先ほどコピーした「チャンネルId」をURLの最後に貼り付けます

https://www.youtube.com/channel/チャンネルID

YouTubeの「動画」から鉛筆マークの「詳細」をクリックして

「説明」(概要欄)に貼り付けます

 

 

チャンネル登録用URLをクリックしてみる

実際にクリックするとどうなるかやってみましょう

トップ画面(ホーム)に行きましたね

ここから赤い枠の「チャンネル登録」をクリックすればチャンネル登録は完了です

 

でも、ちょっと面倒だなと思わなかったですか?

これならURLをクリックしなくても、動画の横にある赤い四角をクリックすれば終わってしまいますよね

視聴者側からすると面倒な手順は嫌がります

登録までのステップはできるだけ少ないほうがいいでしょう

スポンサーリンク

クリックの少ないチャンネル登録URLを作る

登録までのステップを短くするには、チャンネルidの最後に

?sub_confirmation=1を付ける方法があります

https://www.youtube.com/channel/チャンネルID?sub_confirmation=1

実際に飛んで見るとわかりますが、すぐにチャンネル登録の確認画面が出てきたと思います

これをクリックすればチャンネル登録は完了です

YouTubeカスタムURLで日本語チャンネルの作り方と注意点
YouTubeで日本語チャンネルでのカスタムURLの作成方法と注意点を紹介しています。日本語チャンネルでカスタムURLにする場合、長くて読みづらい英語の羅列になるので一旦英語で申請してから日本語に直す方法が取られる場合があります。

URLでチャンネル登録をする意味

チャンネル登録意味

よく概要欄に書かれている「チャンネル登録よろしくお願いします↓」のリンクを見たことあるでしょうか

これは「クリックの少ないURLの作り方」で説明したように、リンクを踏むとすぐに登録の確認画面に行ける方法です

でも実際は、右側の赤い登録ボタンを押したほうが早いんじゃないか?と思ってしまいますよね

最近では、概要欄に書かないYouTuberもいるので、ここにリンクを貼る需要は低いかもしれませんが貼っておく理由もいくつかはあります

それは、SNSからのチャンネル登録の呼びかけです

リンクを貼っておくことによって、外部から流れてくる可能性が高まるということですね

もう一つは、そのチャンネル全体の概要欄を説明する場所にURLを書いておくことです

チャンネルの概要欄を見るユーザーは意外と多いので、どんなチャンネルなのかを読んだうえで登録してくれる場合があるからです

チャンネル登録者が少ないうちは、流入先にもリンクを貼っておきましょう

まとめ

  • チャンネル登録URLはクリックの少ないURLを作っておく
  • 動画概要欄やチャンネル概要欄に貼っておく
  • SNSにリンクを貼っておく

などをしておくといいでしょう

動画画面の「チャンネル登録ボタン(ロゴ)」を作るともっとクリック率が高まりますよ

ではまた

タイトルとURLをコピーしました